HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形

トップページ > 財務会計 > 複式簿記 > 簿記の勘定科目



複式簿記・簿記の仕訳
複式簿記とは
複式簿記の仕訳とは
複式簿記の書き方(仕訳ルール)
取引の原因と結果とは
簿記の勘定科目
単式簿記とは
現金と小口現金
簿記の知識の普遍性
簿記学習のコツ
簿記学習のコツ
簿記学習の王道
簿記学習の裏技
会計学を学ぼう!
会計学を学習するメリット
会計学の学び方
簿記学習のすすめ
簿記からのステップアップ
会計とその他関連知識
電卓の選び方・電卓左手うちのススメ


勘定科目とは

勘定科目とは、資産、負債、資本、収益、費用それぞれについて、取引の性質や内容の類似性から一定の区分に細分化したたものをいいます。例えば費用の勘定科目には「給料手当」、「旅費交通費」、「水道光熱費」、「通信費」などがあります。

例えば「通信費」という勘定科目がありますがこれはNTTの電話代であったり、KDDIの光インターネット代であったり、docomoの携帯代であったりといろいろな通信関係の費用をまとめて処理する勘定科目です。切手代なども通信関係の費用として通信費という勘定科目で処理します。

このように費用の性質、属性に応じて勘定科目というおおまかな分類に収容してしまうことで損益計算書をぱっと見た時に通信関係の費用がどれくらい発生したのかを明瞭に表示することが可能となります。

もし仮に勘定科目というものでまとめないで損益計算書に電話代いくら、切手代いくらと詳細に表示してたら見づらくて仕方ありません。そして企業会計原則の明瞭性の原則に反します。


明瞭性の原則


勘定科目は覚える

勘定科目は、市販されている会計ソフトに数100種類登録されていますが、普通の会社が使用するのはそのうちせいぜい数10種類くらいで、簿記検定の学習上よく使うものとしても50種類程度とそれほど多くはありません。

また、簿記検定においては、使用する勘定科目があらかじめ指定されていてその中から一番適しているものを自分で選択する試験形式と、自分で適切だと思う勘定科目を各自考えて回答する試験形式があります。

つまり、簿記検定に合格するためには最低でも数10種類くらいは勘定科目を暗記する必要がありますが問題を繰り返し解いているうちに誰でもその数10種類程度は自然と覚えてしまうため全く心配いりません。






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2019 会計学を学ぼう! All rights reserved.