HOME会計原則財務会計財務諸表テンプレートおすすめ書籍複式簿記


複式簿記と企業会計原則との関連

企業会計原則には正規の簿記の原則というものがあり、企業は一定の要件に従った正確な会計帳簿を作成しなければならないと規定されています。

複式簿記により作成された会計帳簿は、正規の簿記の原則が要請する網羅性立証性検証可能性の3要件を備えており、正規の簿記の要件を満たしています。

よって複式簿記により作成された会計帳簿を基礎として作成された決算書は企業会計原則における真実な報告としては認められます。

同時に、複式簿記により作成された会計帳簿は税務上の青色申告の特例の適用を受けるための要件となる会計帳簿の保存要件を満たします。


 




複式簿記と青色申告との関連 単式簿記とは



当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000 会計学を学ぼう! All rights reserved.