HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形

トップページ > 財務会計 > 複式簿記 > 日商簿記検定3級の学習内容と難易度



簿記検定の概要
日商簿記検定の概要
日商簿記検定・受験日程等
簿記検定・解答解説動画
簿記検定・おすすめ問題集等
簿記検定の難易度
簿記検定3級の学習内容と難易度
簿記検定2級の学習内容と難易度
簿記検定1級の学習内容と難易度
日商簿記検定1級について
簿記検定予備校比較等
簿記検定の予備校比較
簿記検定の受講料のカラクリ
簿記講座の受講料について
独学のメリットデメリット
通学講座のメリットデメリット
通信講座のメリットデメリット
通学講座をおすすめする訳
簿記検定に合格する近道
電卓の選び方・電卓左手うちのススメ


日商簿記検定3級の難易度

日商簿記検定は3級が最もやさしく1級が最も難しくなっています。日商簿記検定3級の学習内容としては商業簿記入門となっています。

日商簿記検定3級の標準的な学習期間は1月〜6月間で、飲み込みの早い人だと1週間程度で合格する人もいるようです。

合格レベルに達する学習量としては、普通の社会人の方であれば、市販の問題集を1、2冊となっており、非常に簡単な試験となっています。

というように、日商簿記検定3級は入門的で簡単な試験であると強調してきましたが、初めて簿記を学習する方にとっては、最初は絶対難しく思うはずです。そんな方は下記のページも参考にしてみてください。

日商簿記検定・学習のコツ
複式簿記とは
簿記学習のすすめ


日商簿記検定でおすすめの参考書

日商簿記検定3級の学習は資格専門学校を利用されるのがおすすめですが、簿記講座を受講しなくても市販の書籍で独学することでも充分合格することができます。その場合のおすすめ書籍はこちらを参考にしてください。





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.