HOME会計原則財務会計財務諸表テンプレートおすすめ書籍複式簿記


会計学を勉強すると決算書が読めるようになる

会計学を勉強すると会社の決算書が読めるようになったり、利益や原価といった会計学の概念が理解できるようになります。

決算書が読めるようになると、決算書を通じてその会社の業績や安全性収益性などを読み取るすることができるようになります。さらに特定の会社の倒産危険度、財務的な安全性などある程度自分で判断できるため非常に便利です。

このように会計学は資格試験や就職活動のためだけに役に立つ知識ではなく、英語以上にビジネスに役立てることができる実用的な知識です。しかも英語と同様に世界共通言語です。

文系の学生、将来起業を考えている方、投資に興味がある方、就職活動を控える学生、将来経営管理職への昇進を目指している方は勉強しておいて絶対に損しません。メリットはいろいろありますが、ざっとまとめてみただけでも以下のとおりです。


転職活動や就職活動において非常に有利

また、簿記検定は企業の採用担当者の認知度も高く、企業側が求人応募者に求める資格ナンバーワンに選ばれるなど企業側の評価もすごく高いことから簿記検定2級に合格すると、転職活動や就職活動において非常に有利となります。


会計学はほとんどの国家試験の必須科目

会計学は、税理士試験や公認会計士試験といった国家資格において必須科目になっていますが、これらの国家資格取得者は希少性があり、ニーズは高いです。

したがってこれら資格に合格することができれば、独立開業した場合年収5,000万円超、独立をしないで会社勤めをしながら資格を活かした場合でも年収1,000万円超を稼ぐことが不可能ではありません。

また、普通の人は60歳や65歳で定年となりますが、これらの国家資格を保有していれば定年はありません。したがって老後の不安とは無縁に、生涯安定した収入を確保することができます。


会計学は簿記の理論を担っている

上記の二つの国家資格に対して簿記検定という試験があります。

簿記検定は、税理士試験や公認会計士試験とは異なり、一番のやさしい簿記検定3級であれば勉強を継続しさえすれば、誰でも1ヶ月から数ヶ月で必ず合格することができる試験です。

それにもかかわらずかなり取得したあとのメリットがかなり高いです。特に大きなメリットとしては、簿記検定のなかで一番やさしい簿記検定3級を多くの会社が経理職の求人をする際の応募条件としているということがあげられます。つまり、簿記検定3級を保有してさえいれば、営業や技術などの他業種から経理職への転職が一応は可能ということになります。

もちろん、なにごとも経験や人間性や本人の能力次第にはなりますが、社会人経験のない方でも簿記検定3級を保有していれば正社員としての採用のチャンスが開かれる、転職、就職において非常に有効な試験です。

また、そもそもも簿記の知識は企業における決算作業、業績測定、予算編成、税務申告といった会計業務の根本をなすものであるため、企業経営にとってきっても切り離せない重要な知識となっています。

それゆえ、英語が世界共通の言語であるのと同様に、簿記はビジネスの言語であるとよく言われたりします。



 
おすすめ会計書籍



資産 現金
普通預金
受取手形
売掛金
貸倒引当金
有価証券
貸付金
前払金
前払費用
未収収益
負債 支払手形
借入金
未払金
前受収益
未払費用
収益 売上高
費用 売上原価
減価償却費
通信費
租税公課

簿記学習の裏技 会計学の学び方





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000 会計学を学ぼう! All rights reserved.